pingpongdojo公式ー激やせサプリを飲んでキレイな卓球選手になるダイエット

ダイエットの種類は数ありますが、その中でも最も効果的と言われる方法が激やせサプリを飲んでダイエットをすることです。

今回は激やせサプリの正しい飲み方とダイエット方法について解説をしていきます。卓球をしながら激やせサプリを飲むことをおすすめします。

激やせサプリを使って一気にダイエットをする方法+@

毎年やってくる暑い季節が始まりましたね。
薄着になったり、水着を着たりする機会が増えていくなか、
秋、冬、春と過行く季節の中でおなか周りがふくよかになった皆さんこんばんわ。
私もその一人です。

秋といえば収穫した野菜やら、冬といえばあったかなべやら、春といえば・・・
どんな季節でもおいしいものがあって
おなか周りに貢献してしまいますね。

おいしいものを我慢するなんて・・・
毎日たくさん食べたーい
そんな気持ちで、365日過ごしてしまうと
おなかがいつまでたってもへこみません。

ましてや冷蔵庫に食材がのこっていたりしたら、
おいしいものを作り続けてしまいますよね。
そこで、おいしいものを強制的にがまんする。
冷蔵庫空っぽダイエットを紹介いたします。

冷蔵庫空っぽダイエットの方法は簡単です。
冷蔵庫の食べ物を一週間に3・4日空っぽの状態にしておく。
これだけ
ただし、一日ごとに間を挟んでくださいね。
この記事をお読みいただいているそこのかた。
もし今日日曜日で、
今日からダイエットを始めようと思ったら。
今日は冷蔵庫の食べ物を全部食べちゃってください。

見間違えをされた方もいりかもしれませんので
もう一度言います。
今日は冷蔵庫の食べ物を全部食べちゃってください。
そうすると明日は食べるものが何もなくなりますので、
一日空腹で過ごしますよね。

つまり月曜日はおなかをすかせて過ごすのです。
そして火曜日は食材を買ってきて
水曜日はまたおなかをすかせて過ごすのです。
空腹は最高の調味料とも言いますし、
おなかを本当にすかせて過ごした翌日の夕食は
いつも以上においしく感じることでしょう。

しかし、重要なことは次の日は冷蔵庫を空っぽにしておくということです。
なぜなら、このダイエットは冷蔵庫に物が残っていると、
ダイエットにならないからです。

いまふくよかになっているとかんじるあなた、
なぜフクヨカニナッタンデスカー?(外国人風)

それはおなかがすいたときにタベチャッタカラジャナインデスカー?
だから食べるのを精神力で我慢するのはやめましょう。
ストレスがどんどん溜まって、
いずれ失敗してしまいます。
(冷蔵庫のものをたべだしてしまいます。)

なので冷蔵庫を空っぽにしておくことで、
強制的に我慢をする習慣をつけていくということなのです。
食べ物がない状態なら、
いくら食べたくてもたべられませんよね。

おなかがすいている状態を意図的に作り出すことで、
胃や腸を休めたりすることにもつながり、
体のバランスを整えることにもつながるようですね。

明日急に痩せていくといったダイエットではありませんが、
根気強く続けて、ぜひとも一緒に良い季節を手に入れましょう。

<水分ダイエット>

身長161cmの私が54kgだった大学時代にどうしてもすっきりしたくて、水分ダイエットを試みました。

コンセプトはとにかく食事でおなかを膨らせる前に、水分を補給して、満足感を得たうえで食事をすると食べ過ぎ防止、
便秘防止につながるであろうという意図からです。

方法はいたって簡単で、その名の通り日に2Lの水を基本的に飲むことを条件にあとは何を食べても大丈夫という形で、
朝:朝食前に500mlの冷たい水を飲む。(冷たくするのはあくまでも腸に少し刺激を与えるためで好みでよい)

できれば朝食にもスープなどを加えて、たんぱく質が胃で消化しやすいように水分を増やすと効果的
昼:ここでも食事前に必ず500mlの水をのみ、あとはもう少ししっかりしたカレーやとんかつなど

胃にどっしりとしたものでも構わない。
15時:おやつをとるなら、必ず500mlの水をのんでから、あとは軽くクッキーやおせんべいなどなんでもOK.

その中でもダイエット方法の中でもっとも良いのが激やせサプリを飲んでダイエットをすることでしょう。
激やせサプリを飲むことで効率よくダイエットができることは間違いありません。

実際に、激やせサプリの総合サイトでもその効果は推奨していて、下記のように解説がなされています。

①信頼できる会社が販売していて衛生面・安全面が担保されている

②ダイエット効果がある良質な成分がしっかりと配合されている

③価格が安く飲み続けることができる

以上の3つを満たしているダイエットサプリを選び、最低でも1か月飲み続ければ必ず何かしらの効果は実感できるはずです。
出典:激やせサプリは効果あり?口コミランキング

このように数あるダイエット方法の中でも激やせサプリは非常に効果的で専門的なダイエットなのです。

それでは、そのほかのダイエットについても見ていきましょう。

夕食:ここでもまず500mlの水をのむ。よるはできるだけスープやなべ物といった消化によいものを選んで控えめに食べるようにする。
以上が基本の水分ダイエットで、食事のタイミングごとに500mlの水を飲むことが必須です。

<結果>
すぐに体重に変化はでなかったものの、お通じがよくなって、新陳代謝がよくなった気がしました。

<サラダダイエット>

これは見て字のごとく、とにかくサラダ中心のラビットダイエットです。

朝は結構ご飯でも、お味噌汁でも、菓子パンでもなんでもたくさん好きなだけ食べます。
特徴は昼と夜のメニューで、大量のサラダ(とくにレタス)を摂取するのが目的です。
一人分で普通のレタス1玉、キュウリ2本、ニンジン1本、ゆで卵1つ、豆腐や煮た大豆。

のようにレタスまるごと1つはかならずいれて、できれば豆類(チックピー、枝豆、大豆、黒豆など)
湯がいただけのシンプルな豆類と食感を加えるためにシャキシャキとしたキュウリやニンジン、セロリなどを
好みでくわえ、あとは好きなドレッシングでいただきます。

ここに物足らない時はフランスパン一切れかスープをサイドに加えて満腹感を増すように工夫します。
昼と夜は飽きがこないようなら、毎日同じもので大丈夫です。
基本的にはレタスの水分でお通じをよくし、炭水化物を取らないことで糖分接種を控える目的、
サラダのローカロリーで脂肪燃焼が目的です。

<結果>

これは結構手ごたえがありました。半月から1っか月で2,3キロは必ず落ちます。
同時にできるだけお菓子、甘いものはやめて、コーヒーなども無糖で飲むようにすると結果に反映されます。

このように、様々なダイエットと激やせサプリを合わせて実践していくことが非常に重要なのです。

プチ断食&賄いダイエットで痩せた体験談を綴るよ

私が行ったのはプチ断食ダイエット,そしてオリジナルの賄いダイエットです.今までも聞いたことがあると思いますが,プチ断食1日2日何も食べないで,それ以外の日は何食べても大丈夫,というものです.オリジナルの賄いダイエットというのは,私のアルバイト先では賄いが出ていたのでその賄の種類を炭水化物ではなく,デザートやスープ,豆腐に変えるというものでした.このダイエットを行ったことで1ヶ月で2kgずつ体重を落とすことができ,48→42キロまで落とすことができました.
私は今大学4年生です.もともと運動部だったのである程度の量を食べます.牛丼食べてからBBQでお肉をずっと食べていたりとか,3食ラーメンだったりとか,偏った生活もしています.お肉とかマックとかラーメンとか大好きです.
けれど,アルバイト先のBBQがあるときに,この腹はまずいなと,一大決心をしてダイエットすることに決めました.かといって,元運動部でしたが運動するのは嫌いです.スープダイエットも試しましたが,食べてしまうし味気なくてすぐにやめてしまいました.そこで,逆に考えて,なにかするのではなくて何もしなければいいのではないか,と思いました.
けれどすぐに断食などできるはずもありません.最初はとにかく3食だったものを2食に,2食だったものを1食にしていこうと考えました.アルバイト先は賄いが出るので,その賄いもできるだけご飯ものを減らして豆腐などに変えました.ただ,ずっと豆腐は大変だったので,1kg減ったら何回か炭水化物を取れる,というルールにしました.朝はもともとあまり食べなかったのでそのまま食べないようにして,夜にあまり食べることができないので昼はがっつり食べていました.そうすると,夜のアルバイトの賄ではあまりおなかが減らないので豆腐などでも大丈夫になりました.そして,アルバイト終わりはおなかがすく前にすぐ寝ることを徹底しました.これをやっていくと,だんだん1日1食,しかも豆腐だけでもなんとかなる胃になります.けれど,そんな努力をしても大学生には飲み会があります.その時は,とにかくご飯は少なく飲むだけ!としていました.お酒に加えてごはんもたくさん食べたら大変なことになります.でも,その飲み会の次の日は,何が何でも1日ご飯を抜きます.そうすることで,前日の分が中和され,そこまで体重に大きな変化はなかったのかな,と思います.動くのが嫌だ,というかたはぜひこの方法を試してみてください!

いろいろなダイエットを少しづつ実践し、無理なく健康適度にダイエット

ダイエットしたいです、でも、我慢して食べる量を減らすのはいやです。そんな、私が実践したのは、いろいろ少しづつダイエットです。
そもそも、40代後半になり、やや肥満、コレステロール値も少し高めでしたが、我慢してまで痩せようという気はありませんでした。ところが、肝臓の値も悪くなり、仕方なしに、始めたのが、アルコールを減らすことでした。始めはダイエットではなかったのですが、結果的にはダイエットになったと思います。
アルコールのカロリーは吸収しにくいと言われています。が飲みすぎてはダメでしょう。いくら吸収が悪くても、少なからずカロリーは取ることになると思います。また、アルコールによって、食欲が増すと言われてます。私の場合、飲み過ぎも多く、さらに飲んだ時は、食欲も多かったのです。
毎晩の晩酌をやめました。すると、おかずの量も自然と減りました。外で飲む量も減らしたので、締めのラーメンなども必要なくなりました。食べる量が、意識しなくても、減ることになりました。
次にしたダイエットが、野菜を先に食べる方法です。これは、血糖値が上がりにくくなるそうで、ダイエットにつながるようです。それに加え、やはり野菜を先に食べると、先にお腹が膨れるので、メインの肉や魚を食べる量が減り、ご飯を食べる量も自然と減りました。
次に、夜にヨーグルトを食べるダイエットもしていました。健康食品であるヨーグルトを食べることによって、栄養バランスも取れます。夜に食べると良い事は、2つあります。まず、ヨーグルトを食べる分を残して、夕食を食べます。つまり、お腹いっぱい夕食を食べなくなります。さらに、胃腸は夜の10時頃に1日のうちで1番活発に働くそうですが、その時にヨーグルトを食べるのが効果的だそうです。これは効きました。もともと、胃腸のよわかった私は、これにより、下痢の回数が増えたと言わざるを得ません。体重は減ったのでしょうが、やはり健康損ねては元も子もありません。そのため、今ではこのダイエットはやっていません。
その他、食べ物以外にも、ダイエットしており、少し歩く量を増やしたり、立つ時間を増やすために、立ってテレビを見たりしています。
そんなかいがあって、1年間に5キロ減らすことができました。64キロが59キロになりました。ウェストは4センチ減りました。
結構、お腹いっぱい食べています。でも、この結果になりました。
お酒の影響が1番大きいと思いますが、残念ながら、どれが1番効果があったかはわかりません。
でも、結果が出たのが何より良いことです。1つのダイエットに執着するのではなく、いろいろ並行してやったのが良かったと思います。
りんごダイエットのような、1つのものを食べるのは、栄養的に問題があり、健康的とは言えません。
そういう意味でも、いろいろなダイエットを少しずつ並行してやっていくのは、良いのではないでしょうか。
これからも、少しずつ自分で無理のないようなダイエット方法を調べて、やっていきたいと思います。

ご飯や麺類などの糖質の多い食品を減らすことによって、体脂肪を合成するインシュリンの分泌を抑える効果だけでなく、摂取カロリーを減らすというダブルの効果が期待できる

スポーツクラブの仲間で、40代の男性が3か月で5kg痩せてとてもスリムになっていました。糖質制限の大切さを年配に人の男の人に教えてもらって
それを素直に実行したそうです。今まではラーメンなど好きなものを好きなだけ食べていたが、年配の男の人のアドバイスをきっかけに糖質制限を
意識したそうです。アドバイスした年配の男の人も「あの人は私が教えたことをすぐに素直に実行したので大きな効果をもたらした」と言っていました。
痩せることにおいて一番手っ取り早い方法は糖質制限です。糖質を控えると体内の脂肪をエネルギー源として用います。一番のエネルギー源となる
糖質が不足すると、体内の血糖値を一定にキープするためには、体内に蓄えられている脂肪をエネルギー源として利用しなければなりません。
テレビのCMですっかり有名になっており、マンツーマンダイエット講座に力を入れている某スポーツクラブは糖質制限を厳しくしています。
このような厳しい糖質制限のおかげで多くの人が短期間で大幅なダイエットに成功しているのです。特にラーメンなどの麺類は栄養が糖質に偏り、
おまけに糖質の摂取量そのものが非常に多くなります。そこで糖質の摂取量が多くなりがちな麺類を制限すると糖質の摂取量が大幅に減って、
血糖値の急上昇が抑制されてダイエットにおいて大きな効果をもたらします。それだけでなく、糖質を多く含む食品を控えることによって、
摂取カロリーも必然的に減ります。そもそも摂取カロリーのおよそ6割が糖質に依存しています。例えば摂取カロリーが1800kcalであれば、
糖質における摂取カロリーはおよそ1000kcalとなります。そこでご飯などの主食を減らすと、かなり大幅なカロリーがカットできます。
タニタの社員食堂の原理は、主食はご飯のみで1食において茶碗軽く一杯の160kcalです。3食においてそれを実行すると480kcalで、
1日でおよそ500kcalのカロリーを減らすことができるのです。体脂肪1kg減らすには7200kcal消費しなければなりません。
そこで1日500kcal減らすとなると、計算上、2か月ではおよそ2kgの体脂肪を減らすことができます。このように主食を減らすと糖質の摂取量が
減ってその結果、体脂肪の合成にかかわる肥満ホルモンでもあるインシュリンの分泌を抑えることができ、おまけに摂取カロリーも大幅に
抑えることができます。すなわち、主食の役割を担うご飯や麺類、パンなどの糖質を多く含む食品を制限することによって、太るホルモンである
インシュリンの分泌を抑制したり、摂取カロリーを減らしたりというダブルの効果が期待できるのです。

日々自分のため、夫のため、楽しく生きるためこそのフィットネス 

この頃はルイボスティのお世話になりつつ、美活が続いています。これまではジャスミン茶がメインだったので、スーパーでたまたまルイボスを見かけたとき、しばらくご無沙汰しているそれに「たまにはいいかも」と調達してみました。
ちょっと久々に味わうルイボスティは新鮮でおいしく、ほのかな甘みから内側のキレイを感じながら飲んでいます。ルイボスもなかなかインナービューティなお茶ですね。
ルイボスのお世話になりながら、ワークアウトもぼちぼち続いています。
ワークアウトに対して気乗りがしないときは、ついつい言い訳をしがちで甘いスイーツに手が伸びたり、甘やかしがちになりますが、そんなときにこそ夫の存在をエネルギーに転換するようにしています。
夫のためにも自分のためにも美しく健康的でありたい気持ちが、一番の美活継続のモチベーションになっているような気もします。結局、美活は自分自身をラクにするためや、自分自身を女性としてきちんと扱ってあげるためのものだと思います。
何となく美活エクササイズのやる気がしないときのもう一つの強い味方が、好きな音楽。やはり、夫でも音楽でも好きな存在の持つ力は強いものですね。
夕べも、いつものエクササイズ前にバナナやお肉類の栄養を軽くお腹に入れてあげ、少し時間を置いてからワークアウト開始です!夏ということもあってサザンの恋歌なんかをジャンジャン連発リピモードにしてかけながらワークアウトしているうちに、モチベーションも徐々に上がってきました。
あとは、ワークアウトをするとメンタル的にも何かと耐えやすくなるメリットを日々感じています。
基本のフィットネスライフワークは、食べる、動く、眠りも含めてのお休み、というごくシンプルな3点ですが、たかが基本されど基本ですね。一定の生活リズムが確立されていること自体に支えられている部分は大きいのが分かります。やはり基本を崩さないことと、リズムが崩れたら早めに乱れたリズムから回復させることの大事さをフィットネスライフを通して知らされる日々ですね。
とはいえ同じことの繰り返しの中、普通に飽きてくることだってあります笑。マンネリを感じてきた最近も、意図的にちょっとだけワークアウトや食事管理と距離を置いてあげ、数日意図的に美活から離れていたからこそ新鮮な気持ちでうまくワークアウト再開できた夕べでした。スカッと充実したトレーニング後のルイボスティもおいしかったです。
楽しく快適に過ごすためこそのフィットネスです。来月もこの調子で、表現はちょっと変ですがうまく変化をつけつつ継続の継続をこなしていきます

太っているにもかかわらず、ダイエットをしないと言い訳をする人の心理

スポーツクラブの仲間で、身長163cmで80kgぐらいでかなり太っているにもかかわらず、痩せると体調を壊す上に老けて見える印象があるので、
ダイエットはしないと言っている人がいます。確かにダイエットをするとそのような傾向があることはあるのですが、BMI25を超えて肥満の領域に
入っている人がそのような発言をするのは、痩せることができないのを言い訳にして自己弁護しているようにしか思えません。食事制限はつらいので
最後の手段としては運動で、運動で痩せなければ仕方がないと言っています。痩せている人がダイエットをすると、体力がなくなって
体調を壊してしまうのは納得できますが、肥満の判定を受けている人がダイエットをして体調を壊すのはやり方が間違っているからです。
それどころかダイエットをしなければ余計に体調を悪化させます。確かに素人療法で間違ったやり方で行うと体調を壊す場合もあります。
そこで正しいやり方を覚えるには、費用がかかってでもマンツーマンダイエット講座を利用することが肝心です。しかしダイエットの必要性が
大いにあるにもかかわらず、そのような人に限ってマンツーマンのダイエット講座は面倒でお金がかかるので受講したくないと言っている人も数多いです。
しかし実際のところ、肥満の領域に入っている人の中では本当にダイエットの必要性を感じていない人はほどんどいないと思います。
本当に心の底から危機感を感じるならばマンツーマンダイエット講座を利用して何とかしようと思うはずです。ただダイエットは多大の我慢と
忍耐力が必要であり、それゆえに挫折してしまう傾向が多いことから、負け惜しみのような感覚で弁解がましくダイエットはしたくないという
発言に走るのかもしれません。それにそのような人はすでに開き直っているかもしれません。生きている間に食べたいものを食べて人生を思い切り
楽しみたいという考え方です。確かに食べている時は一番幸福感を感じるかもしれませんが、後々には糖尿病や高血圧などの生活習慣病のリスクが
高まります。そうなるとゆくゆくはカロリー制限だけでなく、たんぱく制限や水分制限までしなければならなくなります。不摂生をして後々苦労
するよりは、手遅れにならないうちにカロリー制限をしてダイエットをする方が理にかなっています。不摂生をすると食費だけでなく、後々には
医者代もかかっていろいろな分野で出費がかさんで生活苦にも陥ります。太っている人でダイエットはしたくないと言い訳をしていると、
後々にはいろいろなリスクが生じます。また、今さらダイエットをしても出会いを求めるわけでもないし、と別の言い訳をする人もいますが、
人の言うことが全て正しいわけではありません。正しいことと間違っていることを識別する能力も必要です。惑わされてはなりません。
友人や知人の言うことは、必ずしもその人のことを本当に思って言っているわけではありません。自分の一時的な感情に走って発言している
場合もあります。やはり管理栄養士や医者、スポーツクラブのトレーナーなど、プロの人の言うことを聞いて自己弁護せずに素直な心を
持ってすぐに実行することの方が理にかなっています。

3種の食品系ダイエットに挑戦してみました。

最近流行のダイエットをしてみようと思ったので、炭水化物抜きダイエットにまずは挑戦してみました。とりあえず1か月してみました。ご飯やパン、麺類も食べれないので個人的にはつらかったです。野菜とお肉ばかりを食べていたのですが、お肌と便通の調子はよくなったような気もするような感じですが、わかりやすい変化はあまり感じられないです。痩せたかと言われるとあまり実感はなかったですね。そこで1か月あけてから、スープダイエットを開始してみました。ちなみに、この1か月間の間に少し太りました。きっと久しぶりの炭水化物を体がかなり吸収してしまったのですね。久しぶりに食べた白米はすごくおいしかったです。そして、スープダイエットの話に戻ります。スープダイエットはトマトベースのコンソメスープをご飯の時にたっぷり摂取するというものです。このスープの中にはトマト缶やキャベツ、セロリ、パプリカなどを入れて柔らかくなるまでグツグツ煮ます。準備に手間がかかりました。スープでお腹いっぱいにさせるという感じのものですね。野菜たっぷりなので、食べた後数時間後、少し小腹が空いてくるのです。そんなときも食べるのはスープです。1か月しましたが、ミネストローネがあまり食べたくなくなりました。野菜スープは飽きるのがすごく早かったです。カレー粉などで少し味の変化をさせたりもしましたが、すぐに飽きます。スープダイエットは確かに痩せた気がしましたが、私の場合は少し体がむくむことが増えました。毒素抜きスープらしいのですが食べ過ぎたのでしょうか。水分の摂取量が多かったのかもしれません。便通も肌も通常通りという感じですね。1か月空けてさあ次は何にしようかと思っていると、テレビでゼリーダイエットなるものを特集していたので挑戦してみることにしました。ゼリーダイエットは甘いものの代わりにカロリーの低いゼリーを食べるというものです。私はお昼が忙しいことが多いので、昼食もゼリーにしてみることにしました。最近はいろいろなゼリーが出ているので、ダイエットながらすごく楽しかったです。ミカンや桃だけでなく梅やリンゴなどもあり、選ぶ楽しさがありました。このダイエットは普段の食事はあまり変えなくていいので、気軽でした。便通は通常でしたが、肌の調子は少し良くなったような感覚です。ゼリーのコラーゲンのおかげなのかもしれませんね。痩せたかはあまり実感がないですね。ゼリーダイエットは何か別のダイエットと一緒に行うといいかもですね。今回ダイエットをしてみて思ったのは、ストレスを溜めずにしなければリバウンドや肌の不調がすぐに来るということでした。無理のないように様々なダイエットに挑戦してみようと思います。